会社案内

COMPANY

COMPANY PROFILE

「ムダなく包む。美しく保護する」

「ムダなく包む。美しく保護する」をモットーに、今日そして明日の包装を見つめながら、
時代のニーズに答えるトータルパッケージングの理想の姿を追求し続けます。

代表からのメッセージ

message from president

「ムダなく包む。美しく保護する」
~伝えたい気持ちをつめこんで~

当社は昭和11年の創業以来、長年にわたり包装資材の製造販売を手がけてまいりました。
昭和28年には日本経済の発展とともに外装用ダンボールケース、昭和41年には内装用化粧函を一環して製造販売を行い、総合パッケージメーカーとして成長してまいりました。

めまぐるしく変わるライフスタイルや物流の変化で、パッケージがますます多様化・高度化しており、日常生活に欠かすことの出来ないものとして大きな役割を担っております。
また、ダンボールケース・化粧函などの包装資材は、リサイクル率も非常に高く、地球環境保全の面からみても優れた素材であるといえます。

株式会社フクオカは「ムダなく包む。美しく保護する」をモットーに、今日そして明日の包装を見つめながら、時代のニーズに答えるトータルパッケージングの理想の姿を追求し続け、あらゆる産業に、より大きなメリットをスピーディーに提供し、飛躍する21世紀の社会に貢献したいと考えております。
何卒、今後とも株式会社フクオカをご愛顧、ご支援賜りますよう心からお願い申し上げます。

株式会社フクオカ 代表取締役社長 福岡 正晃

会社概要

company outline

商号 株式会社フクオカ
代表取締役社長 福岡 正晃
創立 昭和11年6月10日
資本金 4,500万円
従業員 130名
所在地 本社・神戸工場 〒653-0022 神戸市長田区東尻池町3丁目4番24号
TEL.(078)652-0234(代)  FAX.(078)652-0220
新橋営業所 〒105-0004 東京都港区新橋4-21-3 新橋東急ビル3階
TEL.(03)6895-7430  FAX.(03)6895-7368
大阪工場 〒578-0901 大阪府東大阪市加納6丁目7番10号
TEL.(072)875-0222(代)  FAX.(072)875-9222
加古川工場 〒675-0103 加古川市平岡町高畑辻の内344-1
TEL.(079)425-0456(代)  FAX.(079)425-0024
取引銀行 三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行
事業内容 ・ダンボールケース製造・販売
・化粧函製造・販売
・ペーパーバッグ製造・販売
・ハイプルエース(強化ダンボール)製造・販売
・包装資材一式製造・販売

アクセス

access

【本社】
〒653-0022 神戸市長田区東尻池町3丁目4番24号
TEL.(078)652-0234(代)FAX.(078)652-0220
※お車でお越しの際は弊社専用駐車場にお停めください(専用駐車場 : 東尻池交差点を南へ、一つ目の信号を右折です)

【第二工場】
〒653-0022 神戸市長田区東尻池町5丁目2番34号
TEL.(078)652-0370(代)FAX.(078)652-0370
※お車でお越しの際は弊社専用駐車場にお停めください(専用駐車場 : 東尻池交差点を南へ、一つ目の信号を右折です)

〒105-0004 東京都港区新橋4-21-3 新橋東急ビル3階
TEL.(03)6895-7430  FAX.(03)6895-7368

〒578-0901 大阪府東大阪市加納6丁目7番10号
TEL.(072)875-0222(代)FAX.(072)875-9222

〒675-0103 加古川市平岡町高畑辻の内344-1
TEL.(079)425-0456(代)FAX.(079)425-0024

環境への取り組みについて

environment

環境方針

環境の世紀と言われる21世紀、私たちは自然環境と調和した社会の構築に向けて全社をあげた取り組みを進めてまいりました。企業としてはもちろん、従業員一人ひとりが環境問題に関心を持ち、 環境方針の意義を充分に理解し、積極的に取組んで参ります。

理念

株式会社フクオカは、地球環境を保全する事が、企業の存続発展に不可欠と認識し、全社をあげて、環境保全に取組むと共に地域との共生に配慮した活動を推進して参ります。

方針

  • ・紙加工を中心とする事業活動により発生する環境負荷を十分考慮した商品開発を積極的、継続的に推進する。
  • ・事業活動が環境に与える影響を考慮し、環境目的・目標を定め、必要に応じて見直し、環境保全の質の継続的改善を図る。
  • ・定常業務はもちろん、非定常業務及び事故等の緊急時の環境管理体制も整備し災害予防を図る。
  • ・環境関連の法律・規制・協定を遵守すると共に、自主管理基準を設定し、一層の環境保全を図る。
  • ・エネルギー効率及び原材料を見直し、省エネルギー・省資源・廃棄物の減量化を図り、環境負荷の低減に努める。
  • ・環境教育に係わる方針の理解と環境問題の重要性に関する全社員の意識向上を図ると共に環境保全に積極的に取組む。
  • ・本方針は文書化し、社内外に開示する。

制定年月日:2008年1月1日

株式会社フクオカ 代表取締役社長 福岡 正晃

環境への取り組み

株式会社フクオカでは、地球を取り巻く環境を理解し、それぞれのお客様の業界動向と経済状況を把握して、最適な素材・印刷・加工方法等をご提案いたします。
ここでは、ペーパーバックに関わる環境対応素材の一例をご紹介します。お客様のご要望にあわせ、環境対応型製品をご提案させていただきます。

ベースペーパー
リサイクルペーパー

リサイクルペーパー

コピー用紙、工場古紙を再生した紙を使って、リサイクルした用紙です。リサイクルのため、森林資源を新たに消費するということがありません。

ケナフペーパー

ケナフペーパー

ケナフは半年で直径3~5cm、高さ3~4mになります。炭酸ガスを吸収し、地球温暖化防止効果と非木材紙として注目されています。

バガスペーパー

バガスペーパー

さとうきびのしぼりカスをバガスといい、あらゆる紙製品に利用できます。

含浸加工

含浸加工

用途に応じた機能を実現しながらも、紙の含浸における特殊な技術で、耐水、Co2・ダイオキシン発生阻止加工などができます。

ハンドル・ロープ
ダグリスロープ

ダグリスロープ

ダイオキシンの発生がないオレフィンは、環境への影響がもっともン少ない素材です。

コーンロープ

コーンロープ

石油を使わない「とうもろこし」を原料とした合成繊維です。

エコペットロープ

エコペットロープ

使用済みペットボトルを再生して繊維にした素材です。

紙ロープ

紙ロープ

紙製のロープで十分に強度があり、単紙・2本・3本縒りタイプがあります。

印刷
ソイインキ

ソイインキ

石油を使わない「植物性大豆油」を原料に配合し、生分解性を高めたインキです。

水性インキ

水性インキ

石油を使わない「水性」インキ。石油を使わないので、環境に最も優しいインキです。

表面処理
エンボス

エンボス

インキを使わずとも高級感のある文字、ロゴ、イラストを表現できるので、 環境に優しい表面処理です。

水性ニスコート

水性ニスコート

揮発性有機化合物等の有害物質の発生原因とならないコーティング方法です。

UVコート

UVコート

UVコート原料は、ほぼ100%樹脂で大気汚染防止に役立っています。また有機溶剤を使用しないので環境問題に適しています。