ハイプルエース(強化ダンボール)

HIPLE-ACE

オールダンボール仕様のご提案

ハイプルエースを柱に梱包の仕様を作成することにより、+ダンボール、+段ブロックなど、オールリサイクルの紙原料での提案が可能。軽量なので運用も、最終ユーザーさんの廃棄もとても楽におこなうことができます。

高いコストパフォーマンスを実現

オール紙原料なので、軽量で本体コストも運賃も安く、変動の激しい木材原料を使わないので安定した価格で運用が可能。さらにフクオカは自社製造・配送なので廉価な設定で迅速に供給することが可能です。

オーダーメイドパレットの作成

すべて紙でできた、強化ダンボールであるハイプルエースは、従来の木材に比べて、加工の自由度が非常に高く、用途・目的に合わせた、さまざまな仕様の軽量なパレットを作成することができます。

木材、鉄に代わる重量物梱包材ハイプルエースとは

「ハイプルエース」とは、軽量で、かつ強靭な特性を持つ、ハイパフォーマンス二層と三層の特殊ダンボールです。

強靭さを要求される自動車部品、デリケートな取り扱いを必要とするコンピュータ、医療機器などの電気機械器具などの梱包は、従来、木箱や鉄、プラスチックで梱包されていました。

ところが、近年の環境資源保護の観点より、脱木材、脱プラステチック化が進み、木材や鉄並みの強靭さを持った梱包材、「ハイプルエース」が注目されています。

ハイプルエースのメリット
  • 1梱包資材費・倉庫費用・輸送費用の削減

    密閉の木箱に対し、平均約15%以上のコストダウンが可能といわれています。従来、木箱内に使用していた防水紙や、防水フィルムが節約できます。また、木箱に比べ、桟木材を介在して釘打ちしない為、外容積が小さくなります。そのため、倉庫保管費用はもちろんのこと、トラック輸送・コンテナ輸送・航空輸送での積載効率も高まり、輸送費・倉庫保管費用が削減できます。

  • 2優れた強度・密閉性

    ハイプルエースはダンボールの一種ですが、一般ダンボールの約10倍の耐圧縮強度を有しており、木材・鉄の梱包材と同レベルの強度を実現しています。耐圧縮強度や衝撃穴あけ強度においても、極めて高い数値を記録しており、例えば1000×1000×500mmのRSC型の圧縮強さは、約3700kgfとなります。そのため、倉庫内での高い段積み、輸送時の衝撃にも十分に耐えることができます。また、特殊加工された耐水ロングファイバー・ライナーを使用することにより、高い密封性と耐候性を確保しています。

  • 3軽量で組み立てが簡単

    ハイプルエースの重量は、木箱重量の1/3~1/4。一般ダンボールと同様、簡単な組み立てで箱状にすることが可能ですので、梱包作業時間も大幅に短縮されます。また、従来の木箱組立に必要だった釘などは不要です。

  • 4環境への配慮

    「ハイプルエース」は、ドイツ包装廃棄物に関する政令に対応し、RESY-ID-No.3812を取得しています。もちろん材質は再生可能なパルプですから、100%リサイクル可能な包装資材です。環境面への配慮、ISO14000への対応にも大変有効です。

  • 5ハイプルエースの可能性

    一般ダンボールと同様に、表面印刷(カラー印刷)も可能です。また、フクオカでは、一般ダンボールとハイプルエースの中間くらいの強度とコストの商品の企画・開発にも取り組んでいます。

ハイプルエースによる製函、パレット製造は加古川工場にて主に行っております。

工場

加古川工場

主な工場設備
パネルソー(電動ノコギリ)

パネルソー(電動ノコギリ)

スリッター

スリッター

ワイヤーステッチャー

ワイヤーステッチャー

ハイプルエースは新しく注目される素材であり、近年はより巨大なサイズで製函したいというニーズが増えています。
お客様にその良さ、メリットを十分にアピールし、いち早くご提供してまいりたいと考えています。

特殊ダンボールはスリッターで切断していきます。

車両や電車の部材用の箱をフォークリフトでトラックに積み込みます。中国、アメリカ、インドへ輸送するために使われます。

あらゆるニーズにトータルでお応えします。

「包むこと」に関することなら何でも揃うフクオカでは
幅広いラインナップと対応力で、お客様のニーズにお応えします。

製品実例を見る