人を知る

MEMBER

営業部 木谷 彰宏

包装資材の未来と可能性、営業としての自分を追求。

営業職として自分のスキルをもっと伸ばしたいと思って、転職を考えるようになり、自分の能力を活かしながら「もっと成長できる」業種・職場を探そうと転職活動を開始しました。

いろいろな分野の業種を検討した結果、包装資材のニーズの永続性やフクオカの会社の雰囲気や向う姿勢に魅力を感じて「自分が求めているフィールドはここだ」と思いました。

本社・神戸工場の営業部に所属して日々営業活動に邁進しています。

具体的には、顧客との商談・打ち合せ、商品の設計、事務処理から商品登録を営業がおこないます。また、後輩社員との同行での営業活動を通じて後進の指導教育にもあたります。フクオカの営業の展開は非常に自由度が高く、「どんなお客さんに何を売り込みに行くのか」など、自分の考えで仕事を設計し、業務フローを作って行けるのがとても魅力的です。

その半面、「言われた事だけやっていてもダメ」という受け身の展開には厳しいところがあるので、常にアンテナを張り巡らして「前向きに能動的に」を意識して、顧客のニーズに即応できる姿勢で臨んでいきたいと思っています。

やはりこの仕事の一番の魅力だと思うのは「自分で考えて行動できる」「自分の発想を具現化できる」という部分なので、お客様とのやり取りの中で意図をしっかりと汲むことができ、しっかりと要望に応えることができた時、喜んでもらった時が嬉しいですね。

商品を作り上げた達成感を大切に思って、やりがいを持って業務に携われることに幸せを感じます。

また、時には会社の仲間同士でいろんな事を聞いたり勉強しながら、得意な知識や分野を活かして仕事をする嬉しさも。業務は個々にやっているけど、チームワークを感じる良さがあります。

前向きに、誠実に。
取り組む姿勢を評価していただく。

大変な事は、納期とクレーム。対処法がある場合は即実践して解決を図るのですが、時に「自分の力でどうにも出来ない場合」が発生するのが最も大変な状態です。例えば「石油化学製品」などの「原料が無い状態」が発生して、お客様が欲しい商品が品薄になってしまう場合があります。

「どうしようもないときは頭を下げていくしかない」って思っていくんですが、ただ謝ってどうにかなるものでないし、それではお客様の期待に応える事ができないので、代替えプランを出したり、少しでも納期短縮の可能性を図ったりあらゆる方向で「困っている状態をやわらげる」ように努めます。実際、自動包装用のラップが調達できなくて、変わりに手巻き用を現場に持参して作業を手伝ったりしたこともあります。

未来の自分に胸を張れる仕事がしたい!

おっきな括りで考えると「なんでも楽しくする」というのが大切にしているテーマです。単純には人と接する時には「笑顔」会話には「笑い」を忘れないこと。「心がけ一つで楽しく仕事ができる」ってことを芯に置いて展開を考えていきたい。それが根底にあるからこそ、決して楽ではない事柄に向き合った時も、しっかり取り組むことができて、仕事としての「楽しさ」や「達成感」を得ることができるのだと思っています。

目標は、会社の中核として責任のある仕事をする人材になっていきたいというものがあります。会社が成長していく歴史の中の牽引者のひとりでありたい。いつまでも挑戦し続けてゆける環境づくりを担いたいと思います。そうして10年、20年と時が経った時に「同じ想い」で「楽しく」働ける集団を見守って支えていきたい。「楽しく」することによって良い循環が生まれる、人も状況もプラスの面を輝かせてくれるような会社づくりに参加していきたいと考えています。

ある一日のスケジュール
8:00
出社 営業部朝礼
8:30
業務開始 事務処理など
9:30
外回り 客先にて商談
12:00
お昼 会社に帰って昼食。出先で外食もあり。
13:00
外回り 客先にて商談
17:00
帰社 事務処理、報告など。
19:30
メール確認及び、その他の対応
明日の予定をチェックし、退社
いまは子供と遊ぶのが一番の楽しみでリフレッシュでエネルギー源です。いろんなことを一緒にして、遊んだり、体験していく中で一緒に成長したいと思ってます。サッカーが好きで、現在は観る方が多いですが、子供が大きくなったらサッカークラブに入って、自分もコーチをするのが夢です。
働くために必要な要素はいろいろありますが、中でも「人間関係」は重要だと思います。厳しい仕事でも「人間関係」が良好であれば続けられると思います。逆に給料など条件が良くても良好な人間関係が築けない状態だと続かない。「自分に合った良い環境」に巡り会うまでチャレンジあるのみです。
Members 他の社員のインタビューはこちら
曽我 麻奈美
2013年入社 営業部 業務課
曽我 麻奈美
Manami Soga
狭川 尚洸
2006年入社 製造部
狭川 尚洸
Takahiro Sagawa
木谷 彰宏
2007年入社 営業部
木谷 彰宏
Akihiro Kitani